【フランス】 スコーン!スコーン!パリジェンヌスコーン!

  • 2007年08月22日(水)
  • 19:55

ボンジュール!Paris!!

朝ダンが見送ってくれて、ウォータールーWaterloo駅からユーロスターに乗り込んだ。
日本で買った格安チケット、ロンドン-パリ間がなんと6000円、通常の4分の1。大学生協さん、いい仕事してますねぇ。
イギリス出国の方はパスポートチェックも緩く、楽々クリア。
ドーバー海峡を越え、昼前に到着。

パリはロンドンと同じ首都とは言え、全く感じが違う。
まずフランス人が多い。そして予想以上にアフリカ系も多い。一方アジア人は少数。
雰囲気がゆったりしている。街並みが落ち着いている。
フランス料理屋が多い。カフェもフランス流が多い。
そして何より、店々のショーウィンドーには見るだけで幸せな気分になるお菓子がずらりと並び、その奥にフランスパンが無造作に立てられている…ここは天国!?

地下鉄はBastrille駅で降りて革命の女神を拝み、目当てのホステルと交渉し終え、さてチェックインの時間までお茶でもしようかウキウキ….と思ったら。

なんと。

ロンドンであれだけ探してもなかったスコーンが目の前に!大量に!!
なんだー。今時スコーンはロンドンじゃなくてパリで食べられるのねー。

象徴的やなぁ。
ロンドンは世界中のあらゆる人・食・文化が集まりまさにコスモポリタンといった感じで、もはやイギリス固有のレストランなど見つける方が苦労する。ま、あったとしても大体Fish&Chipsだけどね。のどが渇いて何か飲もうと思っても断然紅茶よりコーヒーの方が早い。
一方、パリは昔植民地化していたアフリカ系の人も多いものの、まさにワタクシおフランス、といった雰囲気。自分たちの文化を大事にし、そのテイストに合うならばという条件付きで外部からの取り入れを行う。フランス菓子とスコーンのように。

おそらく頑なにフランス語を守ろうとしている姿勢も同じような現象で、「英語表記なんて嫌いヨー!」というのが伝わってくる。看板を見ても案内図を見ても、英語がきちんと併記されているものは多くはない。
理解するのにちと苦労する。
このパリの雰囲気を楽しみたい。この通りの名前が、このメニューの内容が、この説明書きの意味が知りたい。フランス語勉強したくなってきた。

…はっ。いかん!こりゃフランスの思惑どおりやないか!!

フランスが世界で一番と思っている彼らは、フランスに足を踏み入れた者にはフランス文化とフランス語を要求するようだ。
いつものように「ハロー」と話しかけても、絶対「ボンジュール」と返してくる。その後の会話が英語でも、だ。
しかも、試しに最初と最後だけ「ボンジュール」「メルシー」と言ってみたら、なんとなくこっちの方が上手く交渉できるような気が…。
このプライドすごいなー。

ちと風邪引いたみたいなので今日は宿で薬飲んでもう寝ます。
日本は猛暑だってね。こっちは寒くて厚手長袖必須よ。


<今日のグルメ>
ユーロスターで着いたのはGare du Nord駅。その近くにあったau Quaide l’Esperance Restaurantでランチ。
美人でワイルドなパリジェンヌがたった一人でめっちゃ忙しそうにホールを担当していて、その笑顔がやばい素敵。
Tartare de Boeutをオーダー。ユッケのフランス版のような感じで、生臭くなく上品。ポテトがあってもフランスパンがついてくるところがイギリスとの大きな違い。
ついでにクリームブリュレも。卵をたっぷり使っている味がする!

そしてBastill駅近くの喫茶店。ショートカットの元気いっぱいなパリジェンヌがてきぱき注文をさばいている。散々目移りした挙句選んだ苺のタルト。スコーンも発見したので紅茶で頂いてみました。店内のメルヘンなインテリア。
あ。パリ来て数時間で3つも焼菓子食べてる…。
読みたいカテゴリ(国・地域)を選択→


旅人

profilephoto
1983年生まれ。東大法学部卒。
社会人としてスタートを切る前に、夢だった世界一周へ。

尊敬:緒方貞子さん
趣味:バスケットボール、ベリーダンス、サーフィン、バイク

著書

メディア出演履歴

【雑誌】
『Zai』(ダイヤモンド社)「ミニ株バトルコーナー」連載(06年7月号〜07年7月号)
『社労士V』連載(日本法令)(07年10月号〜)
『メモ ノート200%活用ブック』(日本能率協会)
『クロワッサン』(対談 高田万由子さん)
『週刊現代』『女性セブン』
『CIRCUS』『日経キャリアマガジン』
『月刊人事マネジメント』
『週刊ダイヤモンド 別冊特集』
【テレビ】
テレビ東京『ガイアの夜明け』
日本テレビ『きょうの出来事』
テレビ東京『豪腕!コーチング』
【ラジオ】
関西ラジオ
静岡放送ラジオ
茨城放送ラジオ
【新聞】
朝日新聞書評
【Webサイト】
オール東大
FRI&Associates

selected entries

categories

このブログ内を検索