【ロシア】 列車にマネキン人形!?

  • 2007年07月22日(日)
  • 16:35

シベリア鉄道第2弾も3日目。トータル5日目。


夜中の2時、KRASNOYARSK(クラスノヤルスク)駅から父娘が同部屋に乗ってきた。
こんな夜中に乗客なんて…ホームで待ってるの大変だったろうな…
寝ぼけ眼でそう思ったのは覚えている。


翌朝。
目を覚ましてびっくり。


 


部屋にマネキン人形!?


 


そして大量のジーンズ、綿パン、カットソーに毛布…。


 


娘さんは少し英語ができるので話してみる。



Solongo(ソロンゴ)、モンゴル人、21歳。
高校はロシアに通い、大学はウランバートルで。先月卒業し、夏休みが終わったら学校の先生になるという。


「一人で世界一周!?どうして!?」
という毎回お決まりの質問に、


「未来のhusband(ダンナ様)を探しているの」
とお決まりの答えを言って笑いをとる。


「今回は父の仕事なのよ」
という。


お父さんはガンバットル(覚えやすっ笑)さん。どうやら自分の父親は別にいるらしく、本当のお父さんではないらしい。私を日本人と知るや否や、“おしん”と呼び始める(笑)。



そのうち、電車がNOVOSIBIRSK(ノボシピリスク)駅に近づいた。


その瞬間、2等車に乗っていた全モンゴル人(=私以外ほぼ全員)がめいめい大量のジーンズや下着を抱えてホームに殺到。


ロシア人相手に売り始めた!


ロシア人もそれを承知して待ち構えていたようで(シベリア鉄道に改札はない)、
メジャーを持って寸法を計っているおばさんはいるわ、
値段交渉で何人ものモンゴル人を相手に電卓を叩いているおじさんはいるわ、
若いお姉さんもお兄さんも手当たり次第商品を手にとって、
そりゃあもう大変な騒ぎ。



ジーンズ、綿パン、カットソー、毛布以外にも、下着、サンダル、タオル、カバンから傘まで。


部屋にあったマネキンも服を着せられ、ホームを引きずり回されて商売に一役買っているよう。


あろうことか乗務員のおばちゃんたちもが一緒になって売っていて、各部屋に備え付けのお湯用ポットを売りさばいているのにびっくり。


 


根っから“生意”(商売)魂を持っている中国人と違い、モンゴル人は笑顔で値切ると簡単にまけてくれるしおっとりした印象を受けていたけれど。こりゃーすごいわ。



20分ほどで列車が発車し、意気揚々と引き揚げてきたソロンゴに聞くと、


ジーンズ1着あたり、モンゴルで300トゥグリク≒270円で仕入れ。
それを、ロシアで200ルーブル≒1000円で売りさばく。


実に4倍弱の利益が出るわけだ。


ホームで売れるのはごく一部。残りはモスクワで売ると言う。


確かにモンゴルの物価は安かった。


中国のタクシー初乗り10元≒150円にも驚いたけど、モンゴルは10分乗って1000トゥグリク≒90円。ネットカフェは1時間500トゥグリク≒45円。1食1000トゥグリクもあればお腹いっぱいになる。


一方、ロシアの物価高は相当のものだと聞いている。
ジーンズが200ルーブルで買えるなんてロシア人にとっては激安に違いない。



隣国の物価高を逆手にとってシベリア鉄道を使い、商品を山のように積んで商売しに行くモンゴル人のなんと逞しいことよ。
ロシア入国時の荷物検査もうまく回避したんだろう。



ロシア経済発展の影響がこんなところで垣間見れたことは相当面白い。
物価高が草の根レベルでも新しいビジネスを創出しているわけだ。



<今日のグルメ>



もう3日目なので、この列車に乗ってから初めて食堂車を使用することにした。
北京―ウランバートル間と違い、今回は食堂車もロシア製。ウエイターも恰幅のいいロシア人のおっちゃん。


ちょっと贅沢をすることに決める。
.ャビアの乗ったパン
⇒颪鮑椶擦織好董璽
キュウリの付け合せ
す斑
ゥ船腑灰譟璽
をオーダー。


,魯僖鵑縫丱拭爾肇ャビア。キャビアと言っても見た目も味もイクラ。
△離好董璽は豚肉だった。柔らかく、塩コショウの味付けも上品。こういう食事に飢えていたよ…食堂車のコックさん万歳!
はきゅうりのピクルス、イ呂燭世糧張船腑海出てきた。


さて、気になるお値段は…
640ルーブル≒3200円!!
まぁ、ステーキ頼んだ自分が悪いんだけどね…。ロシア物価高に加えて食堂車の割高もあるだろうし。


モンゴルだったら多分5分の1くらいの値段だったろうなぁ。

読みたいカテゴリ(国・地域)を選択→


旅人

profilephoto
1983年生まれ。東大法学部卒。
社会人としてスタートを切る前に、夢だった世界一周へ。

尊敬:緒方貞子さん
趣味:バスケットボール、ベリーダンス、サーフィン、バイク

著書

メディア出演履歴

【雑誌】
『Zai』(ダイヤモンド社)「ミニ株バトルコーナー」連載(06年7月号〜07年7月号)
『社労士V』連載(日本法令)(07年10月号〜)
『メモ ノート200%活用ブック』(日本能率協会)
『クロワッサン』(対談 高田万由子さん)
『週刊現代』『女性セブン』
『CIRCUS』『日経キャリアマガジン』
『月刊人事マネジメント』
『週刊ダイヤモンド 別冊特集』
【テレビ】
テレビ東京『ガイアの夜明け』
日本テレビ『きょうの出来事』
テレビ東京『豪腕!コーチング』
【ラジオ】
関西ラジオ
静岡放送ラジオ
茨城放送ラジオ
【新聞】
朝日新聞書評
【Webサイト】
オール東大
FRI&Associates

selected entries

categories

このブログ内を検索